底地取引店で買取り

底地の場合、権利関係の絡み合いが問題となってきます。売却したいと考えても、買取りがスムーズに進むことは大変稀です。その背景には、複数の借地権者が出てしまう可能性の問題もあるでしょう。借地権者に買取りを求めたとしても、拒否された場合には出ていってもらうということを考えるかもしれません。しかし、借地権者は法律によって守られており、それ相応の理由がなければ返してもらうことはできないでしょう。違法行為や建物の老朽化といったことがあれば合意に至ることもありますが、相続によって問題となったからということではまず認められない部分です。

底地取引店売却ということを考えた場合、買取り先として底地取引店も利用できます。借地権者の問題があるということが、相続でもネックになってきますが、底地取引店に売却してしまうということは、借地権者が誰であろうと問題はなくなります。相続するということを考えた場合、できるだけ早期に現金を作るなどの必要に迫られます。ところが交渉だけを進めていても、ひとつも前に進まないこともあるでしょう。物納という方法もありますが、隣地であっても事件や事故があればほぼできません。地代が安く滞納者がいたりするという問題も出てきます。こうした障害に対しても相談することができるため、買取りということも含めて相談してみることが解決策です。

関連リンク:http://syakuchi-kaitori.com/
ピタットハウスは、底地の取り扱いも行っています。

借地権者に買取りを

相続税借地権が残る土地である底地であっても、相続することができます。問題は、相続するとしても、相続税が発生するということになるでしょう。実際に土地の価値ということと収益を考えると、底地は資産価値が高くありません。他に利用方法も存在しないということがあげられますが、相続税は資産価値に対しておこなわれるわけではないということです。土地の価値が高ければ、驚くほどの相続税が発生してしまいます。そうなると、支払いという問題が出ることになりますが、簡単に支払える額ではないことも出てしまうのが問題です。そこで物納ということも考えますが、借地権が残っていると、物納が簡単にできないように代わってきてしまっています。

ひとつの方法として、借地権者に対して買取りを勧めるという方法があげられるでしょう。一番単純なかたちで、利用している人に買取ってもらうということです。ところが、簡単に交渉が進まないことが出てきます。1人に対しての交渉であれば、まだ救いもありますが、多くの権者が存在しているときには、簡単にはいきません。そこで、次の方法となってくるのは、底地取引店に相談するという方法になってくるでしょう。借地権者に対して交渉のデメリットの大半を解消することができるからです。

借地権が残る買取り

土地というものは、そのままにしておいても何も生み出さないどころか、税金だけが発生していきます。言い方を変えれば、不良債権なのであり、負債を永遠と発生させるだけの存在になってしまうということです。そのため、収入を得るということでだれかに貸し付けるということが一般的な運用となります。そのひとつとして、借地権が存在するわけですが、第三者に土地を貸すことによって、地代収入を得ることができます。これを底地と呼びますが、だれかに貸す契約を結んだ場合、そのうえには建物を建てることになるでしょう。この底地の状態になると、地主は一時的に土地の利用権を失います。底地権を持つ状態です。

借地権借りて建物を建てた側は、土地を利用する借地権を持つことになりますが、ひとつの土地に対して複数の利用者が生まれることも出てくるでしょう。権利関係はとても複雑な状態になってしまいます。この土地を相続した場合にも、この権利関係が複雑に絡み合ってしまうことが大きな問題です。

資産価値として考えた場合、底地は決して高くはありません。ですが、相続税は驚くほど高くかかってくることも珍しくないという問題を抱えています。いざ手放したいということを考えても、簡単にはいかないことが出てくるのは、借地権が複雑に絡み合うせいです。一般の不動産会社では敬遠することも出てくるのは、取り引きに問題点が多いということになるでしょう。買取りということを考えた時には、底地取引店に相談してみることが大切です。