借地権が残る買取り

土地というものは、そのままにしておいても何も生み出さないどころか、税金だけが発生していきます。言い方を変えれば、不良債権なのであり、負債を永遠と発生させるだけの存在になってしまうということです。そのため、収入を得るということでだれかに貸し付けるということが一般的な運用となります。そのひとつとして、借地権が存在するわけですが、第三者に土地を貸すことによって、地代収入を得ることができます。これを底地と呼びますが、だれかに貸す契約を結んだ場合、そのうえには建物を建てることになるでしょう。この底地の状態になると、地主は一時的に土地の利用権を失います。底地権を持つ状態です。

借地権借りて建物を建てた側は、土地を利用する借地権を持つことになりますが、ひとつの土地に対して複数の利用者が生まれることも出てくるでしょう。権利関係はとても複雑な状態になってしまいます。この土地を相続した場合にも、この権利関係が複雑に絡み合ってしまうことが大きな問題です。

資産価値として考えた場合、底地は決して高くはありません。ですが、相続税は驚くほど高くかかってくることも珍しくないという問題を抱えています。いざ手放したいということを考えても、簡単にはいかないことが出てくるのは、借地権が複雑に絡み合うせいです。一般の不動産会社では敬遠することも出てくるのは、取り引きに問題点が多いということになるでしょう。買取りということを考えた時には、底地取引店に相談してみることが大切です。