借地権者に買取りを

相続税借地権が残る土地である底地であっても、相続することができます。問題は、相続するとしても、相続税が発生するということになるでしょう。実際に土地の価値ということと収益を考えると、底地は資産価値が高くありません。他に利用方法も存在しないということがあげられますが、相続税は資産価値に対しておこなわれるわけではないということです。土地の価値が高ければ、驚くほどの相続税が発生してしまいます。そうなると、支払いという問題が出ることになりますが、簡単に支払える額ではないことも出てしまうのが問題です。そこで物納ということも考えますが、借地権が残っていると、物納が簡単にできないように代わってきてしまっています。

ひとつの方法として、借地権者に対して買取りを勧めるという方法があげられるでしょう。一番単純なかたちで、利用している人に買取ってもらうということです。ところが、簡単に交渉が進まないことが出てきます。1人に対しての交渉であれば、まだ救いもありますが、多くの権者が存在しているときには、簡単にはいきません。そこで、次の方法となってくるのは、底地取引店に相談するという方法になってくるでしょう。借地権者に対して交渉のデメリットの大半を解消することができるからです。