底地取引店で買取り

底地の場合、権利関係の絡み合いが問題となってきます。売却したいと考えても、買取りがスムーズに進むことは大変稀です。その背景には、複数の借地権者が出てしまう可能性の問題もあるでしょう。借地権者に買取りを求めたとしても、拒否された場合には出ていってもらうということを考えるかもしれません。しかし、借地権者は法律によって守られており、それ相応の理由がなければ返してもらうことはできないでしょう。違法行為や建物の老朽化といったことがあれば合意に至ることもありますが、相続によって問題となったからということではまず認められない部分です。

底地取引店売却ということを考えた場合、買取り先として底地取引店も利用できます。借地権者の問題があるということが、相続でもネックになってきますが、底地取引店に売却してしまうということは、借地権者が誰であろうと問題はなくなります。相続するということを考えた場合、できるだけ早期に現金を作るなどの必要に迫られます。ところが交渉だけを進めていても、ひとつも前に進まないこともあるでしょう。物納という方法もありますが、隣地であっても事件や事故があればほぼできません。地代が安く滞納者がいたりするという問題も出てきます。こうした障害に対しても相談することができるため、買取りということも含めて相談してみることが解決策です。

関連リンク:http://syakuchi-kaitori.com/
ピタットハウスは、底地の取り扱いも行っています。